兵庫県の看護師求人に強い転職サイト

面接ではコミュニケーション能力と協調性を判断するための質問が多い

面接は、病院側から見ると、「一緒に仕事をしていくことができる人かどうか」を判断する場です。特に転職の場合は、「看護師としての責任感はあるか」、「看護技術の基本はできているか」、「人間関係に問題はないか」など、協調性、コミュニケーション能力、前職での人間関係はどうだったか、などが注目されますので、その点を上手くアピールすることが大切です。

前の職場の悪口はNGです

ただし、「自分をよく見せたい」との気持ちから背伸びをしてしまうのは逆効果です。あくまでも自然体で臨むことが大切です。笑顔を忘れずに。上手く自己PR出来るよう、よく聞かれる質問に対しては、あらかじめ自分で回答を用意しておくとよいでしょう。

普段から、自分はどんな看護師になりたいのかを考え、周囲に伝えておくと、チャンスが生まれるかもしれません。以下は面接でよくある質問と、その回答例ですので、参考にしてみてください。

当院を志望した理由を聞かせてください
ポイント:何故その病院なのかがハッキリと自分の言葉で説明できるようにしましょう。

子供がいるため、通勤に便利で、夜勤のない透析センターで働きたいと考えておりました。この機会に、透析看護の専門性を高め、将来的には透析認定看護師にも挑戦したいと思います。

前職を辞めたのはなぜですか?
ポイント採用側にとって最も関心の高い質問です。たとえ人間関係が原因であったとしても、前職の病院や人間関係を非難するのではなく、前向きな理由を考えましょう。

学んだことは大きいのですが、より規模の大きな病院でスキルを向上させたいと考えたからです。

前職ではどんな職務を担当されましたか?
ポイント:どんなキャリアがあるのか、現場で即戦力として働けるかどうかを把握するための質問です。

大学病院の整形外科で5年間、入院患者さんと共に退院に向けた計画を立て、実践してきました。3年目にはプリセプターとして、新人教育にも携わりました。

仕事以外に打ち込んでいることはありますか?
ポイント:趣味やプライベートが充実しているほうが、バーンアウトしにくいと言われています。

旅行が趣味です。友人と一緒に全国の歴史的な名所や温泉巡りをするのが楽しみです。

面接のアドバイス、日程調整、同行を行ってくれる転職支援サイト

マイナビ看護師 ナース人材バンク

病院・クリニック・民間企業まで豊富な求人数を誇る大手サイト。専任のコンサルタントが面接への同行や日程調整、医療機関との条件交渉を行ってくれますので、転職が初めての方でも安心です。

公式サイトで詳細を見る


求人数は県内で約9,000件! 有給消化率、離職率など一人では訊きにくいことも、面接に同行するキャリアアドバイザーが代理で訊いてくれます。もちろんサービスは全て無料です。

公式サイトで詳細を見る


 
Copyright (C) 2015 兵庫の看護師の求人・転職ガイド All Rights Reserved.