兵庫県の看護師求人に強い転職サイト

園児の健康管理が主なお仕事 子供が好きな方、育児経験のある方にピッタリ

保育園での看護師は、主に保護者からお預かりしている園児の健康管理を行います。具体的には、毎朝の視診を園児一人一人に行い、表情、顔色、会話から健康状態の推移を判断して、健康記録帳に記録します。

日々の視診では、特に「感染症」に注意を払います。園内で感染症が発生した場合、速やかに対処しないと抵抗力のない子供にはあっという間に感染が広がってしまうからです。一見するとささいな症状でも、感染症の可能性を考え、伸長かつ素早く判断します。

持病や風邪などで医師から薬を処方されている園児に対しては、保護者からの協力の下、決められた用量・時間を守って看護師が投薬します。園内の常備薬は園児の手の届かない場所に保管して、在庫確認を行います。風邪やインフルエンザを予防するための安全衛生(手洗いなど)に関する指導を保育士、保護者を交えて定期的に行う保育園もあります。

近年、アレルギーを持つ子供が増えているため、子供一人一人の体質を把握し、昼食のメニューにアレルギーの対象食物が含まれていないかを、他のスタッフとともに確認し、健康被害に繋がらないようにするのも看護師の大切な仕事です。

保育園の看護師は、園児の健康管理だけでなく、「教育」という役割も担っています。乳幼期は、「手洗い」「歯磨き」などの基本的な生活習慣を学ぶ時期でもあります。看護師は、言葉だけではなく、紙芝居を作ったり、保育士たちと一緒に寸劇を行うなどして、自分で自分の健康管理をする方法をわかりやすく伝える工夫も求められます。

その他では、保護者向けの保険便りの発行、保護者から健康に関する相談、健康診断の補助業務を求められることもあります。どの仕事にしても、一緒に働く保育士・保護者・園児たちと円滑なコミュニケーションをとることが重要です。

乳幼児期は、突発的な発熱、嘔吐、下痢など、成人に比べて体調の変化がはげしく、その原因もさまざまですので、どれくらい深刻なのかを判断するのが難しいため看護師としてのスキルが問われます。また、幼い子供ですから、先生にかまってほしくてちょっとした怪我を大げさに訴えることもあれば、逆に、じっと黙って我慢していることもあります。緊急性を見きわめて、優先順位をつけて対応することが大切です。

勤務時間は8:30〜17:00、9:00〜17:00など、基本的には時間固定&中抜けなし&土日祝日休みの勤務なので、拘束時間も短く働きやすいのが特徴です。育児経験がある看護師の方の場合、ご自身の経験を活かして働くことができる職場といえるでしょう。

保育園の求人が見つかる転職支援サイト

マイナビ看護師 ナース人材バンク

「企業で働きたい看護師募集!」というコーナー(TOPページ中段)内にある「その他の企業系求人」で、保育園の案件が見つかります。非公開求人も豊富です(登録無料)。

公式サイトで詳細を見る


求人数は業界最大級(県内で約9,000件)! TOPページに「企業・学校・保育園の求人特集」を掲載中です。履歴書の書き方、面接日程の調整、条件交渉のサポートも充実しています。

公式サイトで詳細を見る


 
Copyright (C) 2015 兵庫の看護師の求人・転職ガイド All Rights Reserved.